腰の痛みがお腹とかかとに関係する?!

腰の痛みお腹 かかとに関係があるなんて。。。

 

一見、関係なさそうですが。。。

 

◆立っていて疲れてくると、どうも腰がしんどくなってくる。

◆こんな状態で動いていると、腰痛が悪化してひどくなりそうだ。

 

そんなあなた・・・

もしかしたら、その症状はお腹の硬さが原因かもしれません!!

 

その状態を解消する為に、

 

「かかと」を押してみましょう!!

 

 

それは一体どういう事なのか?

 

これから説明していきますね。

 

◆立ち姿勢と腰痛

良い姿勢を保とうと胸を張り、その姿勢に疲れて猫背になったりすると、お腹の腹直筋という筋肉が固まってしまいます。

 

腹直筋は脇腹の筋肉とも関係し、腰の筋肉とつながりがある為、腹直筋が固まると、腰も固まり、腰痛になってしまいます。

 

腹直筋は太ももやスネの筋肉とつながりがある為、脚の前の筋肉が固まります。

 

すると・・・その影響で体が前に引っ張られ、つま先重心になりますが、かかとを押すことで、これを修正する事ができます。

 

なぜか?と言うと

 

かかとを押すと、そこに意識が向き、重心がかかとに移動します。

 

そして、その上のすねの骨は地面に対して垂直になる為、かかと重心になると骨で立てるようになるのです。

 

骨で立てるようになると、骨の近くのインナーマッスルが優位に働き、大腰筋の機能が高まり、腹直筋をゆるめる事ができるのです。

 

さらに、かかとには腰の筋肉のへとつながる筋肉の膜が付着している為、かかとを押しほぐすと腰の筋肉を直接ゆるめることもできます。

 

◆かかとを押しほぐす方法

①内くるぶしの真下辺りのかかとを指で押してほぐします。(赤い点の辺り)

 

②押した場所の上にすねの骨がある為、その骨に響かせるようなイメージで内くるぶしの真下をトントントンと叩いてください。

 

そして、押しほぐした後の腰の動きや痛みの変化をみてください。

 

腰の張り感やだるさを感じた時は、定期的にかかとを叩いてみてくださいね。

 

 

 

腰の痛みでお悩みの方
詳しくはこちら 

→ 腰痛

 

大阪で腰痛治療に実績のある整骨院や鍼灸院、接骨院をお探しなら、

大阪メトロ谷町線「都島駅」1番出口より徒歩1分の大阪市みやもと鍼灸整骨院へお越しください。

 

予約優先制ですので、事前にご予約をお願い致します。

TEL 06-6167-4230

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

腰痛の原因って本当に腰なんでしょうか??

「腰痛の原因は腰!!」 それって本当でしょうか? 一般的に腰痛で病院を受診するとレントゲン検査、MR …