肩こりが良くならない原因③

首・肩

「仰向けに寝て片方の膝を曲げ、外側に広げていくと、床につきますか?」

 

「全く広がらない」

「それ、問題ですよ!!」

 

骨盤の歪みや股関節周りの筋肉、インナーマッスルである腸腰筋、内転筋などが硬いことから、腰周りの動きが悪くなります。

 

その為、上半身でバランスを取り肩に負担がかかります。

 

私の臨床経験上、スポーツをやっている方などは、インナーマッスルである腸腰筋、内転筋などが硬いので、肩や肘を痛める確立が非常に高くなってきます。

 

「肩の不調なので肩だけ」を診るのではなく、下半身の調整をしっかりする事でぶり返しも無くなり、問題解決への近道になります。

 

肩でお悩みの方
詳しくはこちら 

→ 肩こり

 

大阪で肩こり治療に実績のある整骨院や鍼灸院、接骨院をお探しなら、

 

地下鉄谷町線「都島駅」1番出口より徒歩1分

 

大阪市みやもと鍼灸整骨院へお越しください。

 

予約優先制ですので、事前にご予約をお願い致します。

TEL 06-6167-4230

 

 

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

首・肩
「スマホっ首」と「頭痛」の関係

その頭痛、スマホが原因かも? 人体の背骨の形状は、頚椎前弯、胸椎後弯、腰椎前弯、仙骨後弯していて、S …

首・肩
四十肩・五十肩とはどんな病気?症状は?治療は?

四十肩・五十肩ってどんな病気? 一般的には、 四十肩(しじゅうがた) 五十肩(ごじゅうがた) と呼ば …

首・肩
肩こりが良くならない原因②

「仰向けに寝た時に腰や膝の裏にすき間ができていませんか?」   腰や膝にすき間があれば、「 …