四十肩・五十肩とはどんな病気?症状は?治療は?

首・肩

四十肩・五十肩ってどんな病気?

一般的には、
四十肩(しじゅうがた)
五十肩(ごじゅうがた)
と呼ばれています。

 

40代、50代の方が発症されるケースが多いので俗称でそう呼ばれていますが・・・

 

正式病名は『肩関節周囲炎』と言います。

 

関節の周りにある組織の変化や炎症などによって肩に痛みが出る病気です。

 

肩関節の動きをつかさどる筋肉うち、棘上筋(きょくじょうきん)、棘下筋(きょくかきん)、肩甲下筋(けんこうかきん)、小円筋(しょうえんきん)が骨に付着する部分を「腱板」と言い、この腱板は、上腕骨(腕の骨)に付いています。

 

年齢と共にこの腱板の炎症や部分的な断裂が起こり、鍵盤の上にある袋(肩峰下滑液包)の炎症や癒着も起こりやすくなり、肩の痛みや動きの制限をもたらせます。

 

また、上腕二頭筋(力こぶを作る筋肉)の腱に炎症(上腕二頭筋長頭腱炎)が起こり、症状が現れることもあります。

 

四十肩・五十肩ってどんな症状?

肩を動かすと痛みが起こります。

腕を上げたり、背中に手を回したりする時にも痛みがあり、しだいに肩の動きに制限がかかるようになります。

 

夜間や朝方にズキズキ疼くような痛みがあり、睡眠が取れないという方も少なくありません。

 

腱板に石灰が沈着すると、何の前触れも無く肩に激痛が起こり、ほとんど肩を動かせないというケースもあります。

 

この場合は、病院でのX線撮影で石灰の沈着が分かり、診断できます。

 

また、転んで肩を打った後や重量物を持ち上げた時など、急に肩が痛み、腕が上がらなくなった場合には腱板断裂の可能性もあります。

 

四十肩・五十肩の治療って?

保存的治療が原則です。

急性期には痛みが強い事が多い為、病院や整形外科では消炎鎮痛薬を処方されたり、関節内にステロイド薬(副腎皮質ホルモン薬など)を注射したりします。

 

肩の動きが悪くなってくるので、電気治療をしたり、ホットパックで温めたり、湿布薬、運動療法などが中心となります。

 

当院での四十肩・五十肩の施術

 

なぜ、肩が痛くなったのか?

なぜ、右肩が痛いのか?

なぜ、左肩が痛いのか?

 

まず、そこから考えなければなりません。

 

右肩または左肩に負担がかかっている体の使い方、歪み、クセなのか?

 

これを見極めていきます。

 

肩に負担をかけている体の歪みであれば、徹底的にその歪みを取っていきます。

 

痛みがあるのは肩ですが、肩だけをアプローチしても痛みや可動域が広がるということは少ないです。

 

ましてや、痛みがある肩を強くマッサージしてしまうと逆に悪化してしまうケースもあります。

 

当院では、肩が痛くて来院された患者様であっても、肩だけの治療では無く、全身の捻じれ、傾きなどを取っていき、痛みのある肩に負担がかからない体にしていきます。

 

また、筋肉のつながりから首、肘、手関節、お腹(インナーマッスル)、股関節まで一見関係なさそうな箇所も診ていきます。

 

なぜなら、痛みのある箇所だけに原因があるとは限らないからです。

 

痛みのある箇所だけではなく他の箇所も診ていくことで筋肉がゆるみ、血流がうながされ、痛みもやわらぎ、少しずつ可動域を広げていきます。

 

 

四十肩・五十肩でお悩みの方
詳しくはこちら 

 四十肩・五十肩

 

大阪で四十肩・五十肩治療に実績のある整骨院や鍼灸院、接骨院をお探しなら、

地下鉄谷町線「都島駅」1番出口より徒歩1分の大阪市みやもと鍼灸整骨院へお越しください。

 

予約優先制ですので、事前にご予約をお願い致します。

TEL 06-6167-4230

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

首・肩
「スマホっ首」と「頭痛」の関係

その頭痛、スマホが原因かも? 人体の背骨の形状は、頚椎前弯、胸椎後弯、腰椎前弯、仙骨後弯していて、S …

首・肩
肩こりが良くならない原因③

「仰向けに寝て片方の膝を曲げ、外側に広げていくと、床につきますか?」   「全く広がらない …

首・肩
肩こりが良くならない原因②

「仰向けに寝た時に腰や膝の裏にすき間ができていませんか?」   腰や膝にすき間があれば、「 …